z

今日はZARD坂井泉水さんの誕生日です。
1967年2月6日生まれ。
早いもので、2007年5月27日に亡くなってから今年の5月で15年も経つことになります。
坂井さんの同学年の有名人はすごい顔ぶれですよ。斉藤由貴さん、東山紀之、野村萬斎、安田成美さん、高嶋政伸さん、伊藤かずえさん、森尾由美さん、西村和彦さん、永瀬正敏さん、ダンディ坂野さん、デビット伊東さん、トータス松本さん、植草克秀さん、川島だりあさん…こういう世代なんですね。


僕がZARDを初めて知ったのはフジテレビ系ドラマ『結婚の理想と現実』の主題歌になったデビュー曲『Good-bye My Loneliness』を聴いて、短冊形のCDシングルを購入したことです。
当時はよくドラマを観ていたからドラマ主題歌というものが曲を知るきっかけの一つになっていましたね。
障子久美さんの『あの頃のように』もドラマ主題歌ということで知ることができるました。

ZARDはその一枚でご無沙汰状態となってゆきました。
二度目の出逢いは翌年の夏、シングル『眠れない夜を抱いて』が売れ出してミュージックステーションなどで目にするようになったことです。
クラスメイトのノンケ共は坂井さんのルックスに夢中でした。森高千里とか久松史奈とかルックスの良い女性アーティストばかり聴いていた男子も例によってどハマりしてました。

僕は女性のルックスというのは全く興味ないので、そこではなかったけれど、ノンケ共に混じってZARDファンになっていました。
彼女の声ってよく『透明感がある』と言われるけど、僕はそう感じたことは余りないんですね。
むしろマイナーコードが付属しているかのような哀愁を感じていました。切ない感じです。

『眠れない夜を抱いて』以降に発売されたシングル、アルバムはほぼ全て購入しました。
好きなアルバムベスト3は『HOLD ME』『OH MY LOVE』『forever you』かな。
好きな曲ベスト3は『あの微笑みを忘れないで』『来年の夏も』『IN MY ARMS TONIGHT』かな。
他にもたくさん好きな曲はあります。

毎年、坂井泉水さんの誕生日には、ここや別のところにリメンバー記事をアップするようにしています。
亡くなっている方の誕生日を祝うことは決して慎むべきものではないと思うからです。
むかし、お世話になった人がよく言っていたんです。人は二度死ぬと。
一度めは肉体的な『死』で二度めの『死』は人々の記憶から忘れ去られてしまうことだと。
そう言って故人のお客さんを思い出して花瓶に花を生けて思い出していました。
もちろん坂井さんほどの人の『死』はファンがいる限り忘れ去られることはないでしょうけどね。

坂井さん…。
幸子さん…。
誕生日おめでとうございます。

今世界はコロナウィルスという厄介な奴に振り回されています。命を持っていかれてしまった人もいます。
あなたが残した歌が今なお人々の心に寄り添っていますよ。

そうそう坂井さんの仲間たちがメモリアル・ライブを開催しています。大黒摩季さんや川島だりあさんも出てるそうですよ。
30周年おめでとうございました。

宇宙(そら)から僕達を見守っていてください。