中島みゆき Selection Album
ここにいるよ Disc2 寄り添い盤
YAMAHA Yamaha Music Communications
発売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
(C) Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.
2020年12月2日発売(2CD: YCCW-10380/1)

▼カタログ
初回盤:(2CD & DVD : YCCW-10378/9/B

kokoniiruyo_2

Produced by 中島みゆき 瀬尾一三
最高4位、13.8万枚

TL

Disc 1Disc 2

1. アザミ嬢のララバイ
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:船山基紀)
(C) 1975 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

1975年9月25日発売の37thシングル。最高38位、7.9万枚。
『音』はすごく古いんだけど、時代に囚われない世界観を感じる。


2. 泣きたい夜に
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:後藤次利)
(C) 1980 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

アルバム『生きていてもいいですか』より。

3. 愛だけを残せ(remix)
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 2009 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

2009年11月4日に発売の36thシングル。最高15位、1.6万枚。映画『ゼロの焦点』主題歌。

4. 悪女
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:船山基紀)
(C) 1981 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

1981年10月21日発売のシングル。最高1位、83.3万枚。
描かれてる女性は決して『悪女』なんかではなくて、悲しいほど愛に生きるただの女。
愛する人のために身を引く女。芝居までして、ね。
こんな風に男を愛する女は少なくなったね、今の時代。ストーリー性のある歌詞が面白かった。


5. あした
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 1989 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

1989年3月15日発売の24thシングル。最高18位、15.4万枚。KDD 国際通話CMソング。情念みたいなのを感じますね。でもどうしようもないほど愛が痛い。

6. タクシードライバー
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:福井峻)
(C) 1979 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

アルバム『親愛なる者へ』より。このフレーズが刺さった。
忘れてしまいたい望みを かくすために
バカ騒ぎするのは
あたしだけなんだろうかね


7. with
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 1997 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

アルバム『夜を住け』より、1990年8月21日発売の25thシングル。最高29位、1.9万枚。山田洋次 監督 映画『息子』イメージソング。
曲は朧げに知っていた。ちゃんと聴いたのは初めてかも知れない。
イントロから瀬尾ワールド全開!サビがエンドレスできるよね。


8. 最後の女神
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 1993 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

『時代』と両A面として1993年12月1日に30thシングルとして発売。最高22位、10.1万枚。TBS系『筑紫哲也のニュース23』エンディングテーマ。
『大吟醸』に入っていたので知っていました。結構好きなんだよねこの曲。


9. 慕情
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 2017 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc. & TV Asahi Music Co.,LTD

2017年8月23日発売の45thシングル。最高8位、2.7万枚。
テレビ朝日系昼ドラ『やすらぎの郷』主題歌。主演は石坂浩二。
もいちど出逢いから
もしもあなたと歩きだせるなら
もいちど出逢いから
ただあなたに尽くしたい


10. 帰省
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 2000 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

由紀さおり姉妹に提供した楽曲のセルフカバー。アルバム『短篇集』より。

11. たかが愛
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 1996 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc. & TV Asahi Music Co.,LTD

1996年11月21発売の33rdシングル。アルバム『パラダイス・カフェ』よりリカット。最高32位、5.5万枚。テレビ朝日系ドラマ『はみだし刑事情熱系』主題歌。
たかが愛に翻弄される人間。たかが愛なのに捨てられない。
後半の魂を込めた姐御の歌唱が胸に響く。


12. 風の笛
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 2012 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

アルバム『常夜灯』より。
知らない曲でした。それもそのはず、みゆきさんのオリアルはほとんど聴いていないので。
サビメロディーがとても心地よいです。


13. 誕生
(作詞:作曲:中島みゆき・編曲:瀬尾一三)
(C) 1991 Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc.

1991年3月4日発売の27thシングル。『Maybe』と両A面。最高13位、6.9万枚。
個人的に忘れられない曲。
良くしてくれた人が、そんなにみゆきファンではなかった人、ユーミンファンだった人が泣きながら歌っていた曲。
心に触れてくるものがありますね。
すがりたいだれかを失うたびに
だれかを守りたい私になるの


RV



Disc1は大ヒット曲や知名度の高い曲が満載でしたよね。
Disc2は『寄り添い盤』と名付けられている。
さまさまな立場の『人』すなわち『親愛なる人』に寄り添う曲が選曲されたようです。
シングル曲もしっかり入っていますが、売り上げ面でどこか地味めな印象がしなくもない。
初のミリオン『浅い眠り』やドラマ主題歌として浸透している『銀の龍の背に乗って』あたりが選曲されていたらもっともっとこのアルバムの重要性が高まったような気もする。
もちろんガチのファンの人達にとってはどんな選曲でも納得いかないのではないかと思う。
僕自身好きなアーティストのベスト盤の選曲には一言言いたくなりますから。(笑)
ファン以外のリスナーからみゆきさんに求められているのはやっぱりオールタイムベストでしょう。
みゆきさんはベスト盤沢山出てますけど、初心者やライトなリスナーには難しいものが多い。
今回はテーマに沿ったセレクションなので仕方ないかもしれません。

全体を通して感じるのは、『糸』とか『地上の星』だけではないのよ。
こんな曲もあるよ、こんな曲も!…そういう意識ですよね。
『with』なんかは、みゆきさんの定番フォーマットなのにいまいち浸透していない。

疲れた心を元気な曲で癒す人も在るだろう。
『頑張れ』だけが励ましじゃない。
心と向き合うことで鍛えられ癒されることもある。
止まない雨はないと誰かが言っていたように、いつか終わるこの苦しい日々の傍らに中島みゆきをチョイスしてみても悪くはないと僕は思うな。
コロナなんかに負けんもんね!
でもね…お腹いっぱいなの。(笑)また負けそうになったら聴くね★

個人的評価:★★★★★★★★★☆ 9