浜崎あゆみ 1st Studio Album
A Song for ××
avex trax
1999年1月1日(CD : AVCD-11691 )

Produced by max matsuura
最高1位・145.2万枚

asong

TL

1. Prologue
(作曲:編曲:星野靖彦)
(C) 1999 avex music publishing inc.
物語の始まりを感じさせるインストゥルメンタル。朋ちゃんの1stもオープニングはインストだったね。あちらのほうがもっともっとコンセプチュアルでドラマティックだったけど。

2. A Song for ××
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:編曲:星野靖彦)
(C) 1999 avex music publishing inc.
アルバムのタイトル曲。
当時の彼女の想いがリアルに綴られたマイ・ストーリー。
アルバムのスポットCMは60秒のものが作られ、年末年始にかけて集中投下された。

もう陽が昇るね そろそろ行かなきゃ
いつまでも同じ所には いられない


3. Hana
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:編曲:星野靖彦)
(C) 1999 avex music publishing inc.


4. FRIEND
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:星野靖彦・編曲:本間昭光)
(C) 1998 avex music publishing inc.
シングル『poker face』カップリング。
広瀬香美さんの曲にもこういうアレンジの曲あったような。
こういう感じの浜崎あゆみが好きだったファンもいたんじゃないかな。


5. FRIEND II
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:編曲:五十嵐充)
(C) 1999 avex music publishing inc.
『FRIEND』は初々しくてよかったけども、こちらは微妙だね。
Every Little Thing(当時)の五十嵐充さんの提供なのでそれっぽくなるのは分かるんだけど、なぜかこの曲はアレンジが小室さん風味でもあるという。(笑)


6. poker face
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:星野靖彦・編曲:本間昭光)
(C) 1998 avex music publishing inc.
1998年4月8日発売のデビューシングル。最高20位、4.3万枚。TBS系『COUNT DOWN TV』オープニング。
当時のavexらしい音作りですね。


7. Wishing
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:桑原秀明・編曲:本間昭光)
(C) 1999 avex music publishing inc.
オーソドックスなバラード曲。
槇原敬之の『THE END OF THE WORLD』とかに近いかな。


8. YOU
(作詞:浜崎あゆみ・作曲: 星野靖彦・編曲:本間昭光)
(C) 1998 avex music publishing inc.
1998年6月10日発売の2ndシングル。最高20位、7.8万枚。チバビジョン フォーカスデイリーズCM / テレビ東京系 ASAYAN エンディング。
正統派なポップス。スポットCMをよく見かけた。
デビュー曲の売り上げを大きく上回り、ミュージックステーションに出演している。


ayumi
90年代半ばからサンミュージックに所属し、アイドルっぽい仕事をしていた彼女。TBS系金曜ドラマ『未成年』では河相我聞の子供を妊娠する少女役でレギュラー出演した。

9. As if...
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:菊池一仁・編曲:本間昭光)
(C) 1999 avex music publishing inc.
相手がいる男性と恋している女性の正直な気持ちを綴っている。彼に会えるならそれも仕方ないのかと思おうとしている。
Favorite BlueとかPAMELAHあたりに近い音作り。90年代的というか。


10. POWDER SNOW
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:桑原秀明・編曲:本間昭光)
(C) 1999 avex music publishing inc.
90年代半ば以降よくみられたウインター・バラード。
個人的にはシングルにしても良かったと思うくらい好きだったな。
たしかこの曲でもアルバムのスポットCMが制作され、大量に流れていました。


11. Trust
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:木村貴志・編曲:木村貴志・本間昭光)
(C) 1998 avex music publishing inc.
1998年8月5日発売の3rdシングル。最高9位、18.5万枚。花王 AUBE CMソング。(出演 上原さくら)
この曲で初めてシングルが10万枚を突破し、浜崎あゆみの名前が大きく注目されるようになる。


12. Depend on you
(作詞:浜崎あゆみ・作曲: 菊池一仁・編曲:本間昭光、守尾崇)
(C) 1998 avex music publishing inc.
1998年12月9日発売の5thシングル。最高6位、13.1万枚。PlayStation用ソフト サウザンズド アームズ テーマソング。(出演 浜崎あゆみ)
サウンド作りはギターとキーボード基調で Every Little Thingっぽいね。


13. SIGNAL
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:桑原秀明・編曲:本間昭光)
(C) 1999 avex music publishing inc.
当時は気にもしなかったけど、やっぱり音はEvery Little Thingっぽいんだよね。

14. from your letter
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:編曲:富樫明生)
(C) 1999 avex music publishing inc.
リズムこそR&Bを意識しているが、よくあるJ-Popの類ですね。

15. For My Dear...
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:編曲:星野靖彦)
(C) 1998 avex music publishing inc.
1998年10月8日発売の4thシングル。最高9位、7.4万枚。森永 トリュフチョコレートCMソング。(出演 浜崎あゆみ)
そののちも彼女が得意とするバラードの先駆けというか。


16. Present
(作詞:浜崎あゆみ・作曲:編曲:星野靖彦)
(C) 1999 avex music publishing inc.
ラストはボーナストラック的な1曲。
歌詞カードに歌詞が掲載されていないのは意図的なもの。ファンを含め応援してくれた人たちに向けて浜崎あゆみから感謝を歌った歌だから。
サーカスさんの『アメリカンフィーリング』を連想しちゃうんだよね。


RV



アイドル、タレント活動を経て1998年4月に歌手としてデビューした浜崎あゆみ。
同年に5枚のシングルを次々と発売し、今作は年明けに発売された。
散々ながらシングルがまずまずの売り上げだったこともあり、アルバムへの注目度が高まり、結果的に大ヒットとなった。

この1stアルバムは、それ以降の浜崎あゆみの作品とは若干毛色が違っている。
松任谷正隆さんの弟子である音楽プロデューサー本間昭光さんを重用していることからもわかるように、いわゆるJ-Pop王道路線だ。
Coming Centuryや安室奈美恵のユーロ曲でお馴染みだった星野靖彦が8曲の作曲を手掛けている。
久しぶりに聴いて感じたのは、意外にEvery Little Thingに寄せてるなあってこと。五十嵐充さんが使ってる曲は1曲だけども、他の人の曲でもそれっぽいのが多い。

もともとダンスミュージックを世に送り出すために設立されたエイベックス。
洋楽のコンピレーションやtrfのヒットを契機に自前の邦楽アーティスト発掘に乗り出すわけだが、専務松浦勝人が手がけたEvery Little Thingもこの浜崎あゆみも始まりはダンスミュージックとも遠く、クラブシーン・フロアを意識して制作された音楽ではなかった。
小室さんがやってたglobeはそのへんは意識していたと思われるが。

16曲中15曲が歌モノでがっちり固められていて、詰め込まれすぎた幕の内弁当タイプのアルバムになっている。
入るだけ入れたとでもいえばいいのだろうか。浜崎あゆみがデビューしてからの8ヶ月の記録のようでアルバム一枚としてのコンセプトは感じない。様式美はないです。
スマッシュヒットになったシングルも多いため、彼女に注目していたリスナーは様子見でアルバムを手にしたのではないだろうか。
私もその一人ではあるのだが、初めて聴いた時は(曲数が多くて)お得だなと思ったな。

エイベックス専務だった松浦勝人が、小室哲哉に依存しない邦楽アーティスト発掘のために売り出した一人が彼女だったわけで、同時に小室哲哉の恋人だった華原朋美のポジションをかっさらうというミッションを背負わせていた。
初期の作り物ぶりっ子路線や、桃の天然水CM強奪、アルバムのアートワークの寄せてる感といい、今にして思えば松浦さん、すごい対抗心だなと。めちゃくちゃ執念深い!
そういう周囲の戦略など知らないまま、歌い始めた彼女。
そして1stにしてミリオンセラーを達成してしまう。

このあと、『WHATEVER』というシングルを発売するのですが、この曲はタイプの違う2つのアレンジを両A面で収録している。
1つがリミックスっぽいテクノ風のVersion M、1つがこのアルバムの延長線上にあるJ-Pop仕様のVersion Jである。
テレビのスポットCMでは1つめがよく流れていた気がする。
これはおそらく、リミックスっぽい音でも受け入れられるのか?という制作側の実験だと思うのだけど、エイベックスのアーティストなのだから、ダンスミュージックやクラブシーンへのアプローチをどうしてもしたいという意向が働いたと思われる。
その後彼女がリリースするシングルは、さまざまなDJ、音楽プロデューサーがリミックスを施し、しかもシングル一枚にいくつものヴァージョンを収録して、まるでリミックスアルバムのようだった。
しかも超大物DJもしれっと参加していて…。

そう…学校が休みに入ってすることもなかったから、企業の引っ越しのバイトをしたんだよね。
新橋あたりの会社だったね、日払いでもらったお金からこれ買ったのよ。
元旦発売だから、月末には早々と店頭に並んでいたね。
ちょっと凍えたココロで聴いたからよく憶えてるよ。
『Ayu』と呼ばれる前、まだ初々しい時期の彼女の魅力が詰め込まれた作品です。
個人的には売れたその後より、こっちのほうが印象に残っているかな。

さて、浜崎あゆみはこの後本格的にブレイクしていくわけですが、この1999年は鈴木あみがブレイクします。師走には倉木麻衣がデビューします。
そして槇原敬之さんが最初に逮捕されるのも1999年でした。




個人的評価 ★★★★★★★★☆☆ 8.5