エッセイ:僕の見た小室哲哉
プロローグ 第一章第二章第三章エピローグ

時代の寵児と称されるなど、音楽プロデューサーとしての栄光を手にした小室哲哉さん。
シングル、アルバムのミリオン多数。地位も名誉も金も手にしたはずだった。
エイベックスとのすれ違いに端を発したプロデューサー活動の低迷。
実業家としての欲でも出たのだろうか?投資家との事業、アジア展開、鈴木あみの騒動に絡みソニー・ミュージックとの契約終了およびプロデューサー契約前払金の一括返済など次々と小室さんを襲った不運。
時を同じくして松浦勝人氏はEvery Little Thingが好調を続け、元恋人の浜崎あゆみが売れて、倖田來未やEXILEなど新人を投入している。
また、個人事務所でくすぶっていた鈴木あみを2005年に、アップフロントを離れた後藤真希を2008年に、スターダストをクビ同然に退社していた沢尻エリカを2010年に獲得している。

2002年以降の小室さんはプロデューサーとして目立った活躍をすることがなくなっていた。
その間に安室奈美恵もアーティストとして独自の道を追求するため小室さんから離れた。
globeやTM NETWORKの活動を行なっていたが、全盛期の勢いはなくなっていた。
全盛期を含め活動をサポートしていたバーニングが小室さんから手を引くと、後ろ盾を失くし吉本興業に救いを求めた。

そして2008年11月4日、小室哲哉は逮捕されてしまう。罪状は詐欺。
JASRACに権利者として記載されているのは、あくまで作詞者、作曲者として記載されているものである、日本においては音楽出版社が作家と契約して管理しています。
そのほとんどか音楽出版社にお金が集まるようになっています。実際は音楽出版社に権利があります。それが慣例です。
小室さんの作品も殆どがエイベックスや旧パイオニアLDC、ソニー・ミュージックアーティスツやバーニングパブリッシャーズといった他所の会社が権利を所有している。
小室さんは自身の音楽出版社を持っておらず、権利ビジネスには余り関心がなかったのでしょう。
何かの記事で見たのですが、全盛期の小室さんは権利を要求しない代わりに、シングル曲1曲で何百万円というような契約をしていたそうです。
アルバム曲は若干下がるものの1曲いくらといった感じで請け負っていたとか。
それがシングルになるとそれなりの額を頂戴するというカラクリでシングルカットは多いです。
つまり小室さんの手元に権利がある曲はほとんどありません。

それなのに小室さんは自身が制作した楽曲の権利を売却するとして話を持ちかけ5億円を受け取り、詐欺事件へと発展しました。もちろんその裏に何があるかは分かりませんけど、大まかにそのような詐欺だったというわけです。

逮捕された小室哲哉氏はあの男と邂逅することになる。
そう、救いの手を差し伸べたのはエイベックスの会長となった松浦勝人その人でした。
松浦氏は小室さんに魅かれ、近づき、様々なヒットを産み出しエイベックスという船を共に動かしてきた。その過程で食い違いがあり、仲違いし離れた。
松浦さんは、小室さんが引き起こした詐欺事件の解決金を含む6億円を肩代わりしました。
減刑を求め意見書も出しています。
決して良好とはいえなかった関係の小室さんを助けようとしたのはなぜなのだろう?
それは本人にしか分からないことではあるけれど、そこに1mmでも友情があれば救いなのだけど。
ただ、その後の松浦さんのSNSでの言動を見ると、そう簡単な話ではないのかもしれないと思った。

2010年より小室さんは、エイベックス松浦勝人のもとで、エイベックスのいち作曲家として活動を再開する。
AAAや浜崎あゆみ、北乃きい、森進一などさまざまなアーティストに楽曲提供している。
個人的にこの時期の楽曲の中では超新星に書いた『Evidence of Luv』とか好きな曲はありました。
主に担当するのは作曲で、作詞はもちろん編曲も担当しないことのほうが多かったため、かつての絶対的なプロデューサーとしての立ち位置とは程遠く松浦勝人の配下の作曲家という印象が強かった。
小室さんが編曲まで担当した曲がある。浜崎あゆみのシングル表題曲『crossroad』だ。
松浦さんはこの後、浜崎あゆみで小室哲哉曲を次々と採用している。
個人的には『crossroad』や『Virgin Road』など良い曲もあると思うが、決して相性は良くないと思う。小室さんの曲である必要があるのだろつか?と感じるものもある。
『November』のメロディーは美里に歌ってほしかった、

▼浜崎あゆみ『Love songs
カバー1曲を含む10曲が小室哲哉作曲となっている

小室さんは哀しすぎるほどプロデューサーなので、人のコントロール下で活動するというのはできない人だと思うんです。自分のインスピレーションこそが重要というか。
人に言われるがまま曲を作って、提出して、決裁を仰ぐというストレスは彼を苦しめたのではないでしょうか。
スキャンダルついでに引退したのも、現状に耐えられなかったというほうが強いんじゃないかな。

松浦さんとの間にある問題が解決していないのなら、そちらを片付けて本当の決別をしてほしいと思います。TMもエイベックスではなく、頭を下げてでもソニーでやるべきでしょう。


Daydream

いつか僕が 泳ぎ疲れて この海に沈む時は


先生から貸してもらったKiss Destinationのアルバムに『永遠と名付けてデイドリーム』のミュージックボックス&ストリングスのインストゥルメンタルが収録されていた。
数々の女性と関わってきた小室哲哉さん。
彼の遺伝子を次の世代に受け継いだのは吉田麻美だけであった。

▶︎Kiss Destination『AMARETTO』2001.4.25

どうか僕の 刻んだ調べを 永遠と名づけて

▶︎ボクが選ぶ小室哲哉作曲作品
好きな曲は数知れず。中でもかなり好きな曲を選び出してみました。

・Process / Ring
・HUMAN SYSTEM / TM NETWORK
・Lady Generation / 篠原涼子
・Just a real love night / 華原朋美
・LET'S DO THE MOTION / 安室奈美恵
・Feel Like dance / globe
・JUMP / 渡辺美里
・FACE / globe
・LONG & WINDING ROAD / KD
・by myself / hitomi
・all night long / 鈴木あみ
・WAVE OF LOVE / KD
・悲しいね / 渡辺美里
・November / 浜崎あゆみ
・THE POINT OF LOVER'S NIGHT / TM NETWORK
・here we are / 華原朋美
・afraid of tonight [TK mix]/ 華原朋美
・50/50 / 中山美穂
・Mystery of sound / 円谷憂子
・Destiny to love (愛する運命)/ trf
・Body Feels EXIT / 安室奈美恵
・SWEET 19 BLUES / 安室奈美恵
・BREAKIN' MY HEART / 鈴木あみ
・GooD LucK / 篠原涼子 with t.komuro
・THIS NIGHT / TM NETWORK