安室奈美恵 Best Album
Finally [Disc 3]
Dimension Point / avex group
2017年11月8日発売(3CD : AVCN-99055/6/7)

▼カタログ
・Blu-ray付属:発売日同じ(3CD&Blu-ray : AVCN-99052/53/54B)
・DVD付属:発売日同じ(3CD&DVD : AVCN-99049/50/51B)

amury


最高1位・246.1万枚

TL

Disc 1 / Disc 2 / Disc 3

1. arigatou
(作詞:michico・作曲:michico, T.KURA・編曲:T.KURA)
(C) 2011 avex music publishing inc. & RISING PUBLISHERS
2011年12月7日発売の38thシングル『Sit! Stay! Wait! Down!/Love Story』収録曲。最高3位、16.1万枚。KOSE エスプリーク CMソング。

2. Damage
(作詞:作曲:編曲:Nao'ymt)
(C) 2012 avex music publishing inc. & RISING PUBLISHERS
2012年に配信されていた楽曲の別バージョン。

3. Big Boys Cry
(作詞:作詞:Nermin Harambasic, Anne Judith Wik, Ronny Svendsen, Hayley Aitken, Eirik Johansen, Jan Hallvard Larsen, 岡嶋かな多・作曲:Nermin Harambasic, Anne Judith Wik, Ronny Svendsen, Hayley Aitken, Eirik Johansen, Jan Hallvard Larsen・編曲:DSign Music)
(C) 2013 UNIVERSAL MUSIC PUBLISHING & THE KENNEL & avex music publishing inc.
2013年3月6日発売の40thシングル。最高4位、3.1万枚。KOSE エスプリーク CMソング、エイベックス ミュウモ CMソング。

4. Contrail
(作詞:作曲:編曲:Nao'ymt)
(C) 2013 NICHION,INC.
2013年7月10日発売のアルバム『FEEL』より。TBS系日曜劇場『空飛ぶ広報室』主題歌。

5. TSUKI
(作詞:TIGER・作曲:ZETTON, FIRST LANE, LISA DESMOND・編曲:ZETTON)
(C) 2014 REACTIVE SONGS INTERNATIONAL & NICHION,INC.
2014年1月29日発売の41stシングル。最高3位、6.7万枚。東宝 『抱きしめたい-真実の物語-』主題歌。

6. Red Carpet
(作詞:michico・作曲:T.Kura, michico・編曲:T.Kura)
(C) 2015 GROW YOUR OWN MUSIC & LAUNDROMAT MUSIC & avex music publishing inc.
2015年12月5日発売の43rdシングル。最高2位、3.6万枚。

7. Mint
(作詞:作曲:編曲:Nao'ymt)
(C) 2016 DEEP CUT PUBLISHING & REACTIVE SONGS INTERNATIONAL AB & MediaPulpo
2016年5月18日発売の44thシングル。最高4位、4.6万枚。

8. Hero
(作詞:作曲:編曲:今井了介, SUNNY BOY)
(C) 2016 NHK Publishing Inc. & avex music publishing inc.
2016年7月27日発売の45thシングル。最高3位、8.5万枚。

9. Dear Diary
(作詞:作曲:Matthew Tishler、Felicia Barton、Aaron Benward、TIGER・編曲:ats-)
(C) 2016 STONE AGATE MUSIC & avex music publishing inc.
2016年10月26日発売の46thシングル。最高3位、6.4万枚。

10. Fighter
(作詞:Emyli・作曲:Emyli, REASON'・編曲:REASON')
(C) 2016 Nippon Television Music Corporation
2016年10月26日発売の46thシングル。

11. Christmas Wish
(作詞:Maria Marcus, Niclas Lundin, Emyli・作曲:Maria Marcus, Niclas Lundin・編曲:Maria Marcus, Niclas Lundin, Cobra Endo, ats-)
(C) 2016 REACTIVE SONGS INTERNATIONAL & ARROW MUSIC & BMG RM & avex music publishing inc.
2016年、セブンイレブンで販売されていたミュージックカードでダウンロード配信されていたもの。セブンイレブンCMソング。

12. Just You and I
(作詞:MioFRANKY, Emyli・作曲 : Jenna Donnelly, 小松清人・編曲:小松清人)
(C) 2017 GALACTIC MUSIC & Nippon Television Music Corporation
2017年5月31日発売の47thシングル。最高6位、3.4万枚。日本テレビ系ドラマ『母になる』主題歌。

13. Hope
(作詞:作曲:安楽謙一, TomoLow, MioFRANKY, 伊藤涼)
(C) 2017 FUJI PACIFIC MUSIC,INC. & TOEI ANIMATION MUSIC Co., Ltd.
新曲。フジテレビ系アニメーション『ONE PIECE』テーマソング。

14. In Two
(作詞:作曲:Adam Kapit, 安楽謙一, Sorano・伊藤涼)
(C) 2017 KU YA YIN LE GU FEN YOU XIAN GONG SI & MAIN LANE MUSIC PUBLISHING
新曲。

15. How do you feel now?
(作詞:作曲:編曲:小室哲哉)
(C) 2017 Nippon Television Music Corporation
アルバム向けの新曲。安室奈美恵本格ブレイクの立役者小室哲哉が久々に書き下ろした。

16. Showtime
(作詞:MioFRANKY・作曲 : 編曲:Samuel Waermo, Maria Marcus, 川口進)
(C) 2017 SWEMUSIC and SONGS & REACTIVE SONGS INTERNATIONAL AB & NICHION,INC.
新曲。TBS系ドラマ『監獄のお姫さま』主題歌。

17. Do It For Love
(作詞:SUNNY BOY・作曲:Jerry Barnes. Chris Leon, Francis Cathcart, Kathrine Nicole Tucker. Kevin Nicolas Drew)
(C) 2017 JAREESE MUSIC LTD & INDIE MUSIC PUBLISHING LLC & Nippon Television Music Corporation
新曲。

18. Finally
(作詞:Emyli, Matthew Tishler, Felicia Barton, Ben Charles・作曲 : Matthew Tishler, Felicia Barton, Ben Charles)
(C) 2017 Nippon Television Music Corporation
新曲。日本テレビ系『NEWS ZERO』エンディングテーマ。

RV



下書きのままの状態で放置していました。
というより書いてることさえ忘れてしまっていたような…。アップルミュージックでも配信が始まったそうで、そのニュースを受けて思い出しましたよ。遅くなりすいません。
安室奈美恵のファイナル・チューン『Finally』を聴きながら書いています。
Disc 3は独立前の作品も数曲含むものの、主に独立したあとの作品群。
独立後の楽曲は再録音ではなく、そのまま収録されています。

いわゆる洋楽ライクな方向性を更に突き詰めて、ソングライターも外人を多々起用していて、カッコイイ後期安室奈美恵を楽しむことができます。
新曲も収録されましたが、やっぱり小室哲哉作品は懐かしいし、『荒ぶるし』(笑)うれしかったね。

【Finally, I can stop dreaming...】

安室奈美恵は引退しました。
なんで引退したのか、テレビやらメディア向けの告白も、お茶を濁した感がありました。
でも誰が聞いても、彼女はその真実を語ることはないでしょう。

キャリアのスタートはアイドル歌手として、ユーロビートでウケて本格的にソロ歌手へ、ライジングプロダクション平哲夫の提案で小室哲哉プロデュースに移行。
そしてアムラーとしての大ブレイク!妊娠、結婚、出産、復帰を経て実母が殺害されるという事件が起こり、休む間も無く仕事に明け暮れ、ついには離婚。
まさに気が休まることのなかった激動の人生の中で、子供も成人を迎え、自分自身の人生を楽しみたいと思ったのかも知れない。
いつか皆が忘れた頃に、インディーズがなんかで覆面歌手として島唄なんか歌ってたりしてね…。

そこになら、ここより『自由』があると思ったのに、そこはここより『不自由』だった。
思っていた以上にここは、『自由』があったんだ。守られてたんだ。
もう引き返せない。




個人的評価 ★★★★★★★★☆☆ 8.5