徳永英明 Best Album
ALL TIME BEST Presence[Disc 3]明
UNIVERSAL MUSIC
2016年4月13日発売(3CD : UMCK-1535)

▼カタログ
2016年4月13日発売[初回盤](3CD & DVD : UMCK-9817)

tokunaga

Performed by Hideaki Tokunaga
最高5位・3.6万枚

TL

Disc 1 心 / Disc 2 永 / Disc 3 明

1. 〜I'm Free〜
(作詞:作曲:徳永英明・編曲:飯室博)
(C) 2001 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

2001年1月31日発売の31stシングル『call』より。

2. 恋をしてゆこう
(作詞:山田ひろし・作曲:徳永英明・編曲:坂本昌之)
(C) 2006 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

2006年6月28日売の37thシングル。最高20位、1.1万枚。JR東日本「大人の休日倶楽部」2006 CMソング。

3. 誓い
(作詞:篠原仁志・作曲:徳永英明・編曲:国吉良一)
(C) 1997 NICHION,INC.

1997年1月21日に発売の23rdシングル。最高15位、9.7万枚。TBS系『噂の!東京マガジン』エンディングテーマ。

4. 夢を信じて
(作詞:篠原仁志・作曲:徳永英明・編曲:瀬尾一三
(C) 1990 FUJI PACIFIC MUSIC,INC.

1990年1月16日に発売した9thシングル。最高3位、39.7万枚。フジテレビ系アニメーション『ドラゴンクエスト』エンディングテーマ。
世代的に完全なドラクエチルドレンだったので、アニメでこの曲を知り、大好きになりました。応援歌なんだけど、頑張れ!頑張れ!タイプの応援歌ではなくて、ありのままでいいそのままStay the courseみたいな背中を押してくれるようなバイブレーションがみなぎっている。
瀬尾先生アレンジ。イントロがミュージックボックス風なので、みゆきの『空と君のあいだに』がよぎる。


5. WE ALL
(作詞:作曲:徳永英明・編曲:坂本昌之)
(C) 2009 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

2009年5月8日発売の15thアルバム『WE ALL』より。約17年ぶりにチャート1位を獲得した。

6. あなたのために
(作詞:竹花いち子・作曲:徳永英明・編曲:瀬尾一三)
(C) 1988 Japan Central Music,LTD. (文化放送).

1988年4月21日発売の4thアルバム『DEAR』(最高2位、18.8万枚)より。

7. 風のエオリア
(作詞:大津あきら・作曲:徳永英明・編曲:瀬尾一三)
(C) 1988 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

1988年2月24日発売の8thシングル。最高4位、16.2万枚。松下電器産業家庭用エアコン『エオリア』CMソング。

8. Wednesday Moon
(作詞:作曲:徳永英明・編曲:瀬尾一三)
(C) 1991 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

1991年4月10日に発売の11thシングル。最高1位、22.5万枚。本人出演のカネボウ男性用化粧品『ZENITH』CMソング。

9. 桜
(作詞:作曲:徳永英明・編曲:佐藤準)
(C) 1991 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

アルバム『Revolutlon』(最高1位、47.8万枚)より、シングル『恋の行方』カップリング。

10. 輝きながら…
(作詞:大津あきら・作曲:鈴木キサブロー・編曲:川村栄二)
(C) 1987 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

1987年7月5日に発売の4thシングル。最高4位、28.6万枚。富士フィルム『スーパーフジカラー』CMソング。

11. I LOVE YOU
(作詞:作曲:徳永英明・編曲:佐藤準)
(C) 1992 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

1992年11月2日発売の15thシングル。最高7位、31万枚。

12. 永遠の果てに
(作詞:山田ひろし・作曲:徳永英明・編曲:国吉良一)
(C) 1994 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

1994年11月9日発売の19thシングル。最高3位、31.6万枚。'94 Victoria『MOVING NEW Victoria』CMソング。

13. 道標
(作詞:篠原仁志・作曲:徳永英明・編曲:国吉良一)
(C) 1990 Japan Central Music,LTD. (文化放送)

『壊れかけのRadio』カップリング。

14. 君をつれて
(作詞:山田ひろし・作曲:徳永英明・編曲:西脇辰弥)
(C) 2003 Nippon Television Music Corporation

2003年1月21日発売の32ndシングル。最高14位、1.8万枚。日本テレビ系 ザ サンデー テーマ曲。

15. 君がくれるもの
(作詞:山田ひろし・作曲:徳永英明・編曲:坂本昌之)
(C) 2016 TV Asahi Music Co.,LTD

2016年3月9日発売の54thシングル。最高14位、0.6万枚。テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』主題歌。

RV



デビュー30周年記念オールタイム・ベスト

2000年代半ばからカバーアルバム・シリーズ『VOCALIST』(85.8万枚)、『VOCALIST 2』(73.6万枚)、『VOCALIST 3』(92.3万枚)、『VOCALIST 4』(41.6万枚)『VOCALIST VINTAGE』(13.8万枚)『VOCALIST 6』(12.2万枚)というように、立て続けに売れたこともあって、ボーカリスト徳永英明が広く、深く浸透しました。
これだけ売れればカバー歌手と言われるのもしかたないかもね。ものすごい数字だと思います。
徳永英明オリジナル作品の最高はたぶん『INTRO. II』というベストアルバムの66.7万枚でしょう。

彼はオールタイムで、ほとんどの曲を自分で作曲していて、90年代を中心にヒット曲自体は多いんです。
どちらかと言うとオリジナルも普通に売れてる人だったんですよ。
このベストは3枚のディスクに満遍なく代表曲が散りばめられていて、彼の入口としては最適なアイテムになっています。
それこそボーカリスト・シリーズで徳永英明を知ったような人達には、このオリジナル作品群も聴いていただきたいと思うわけ。だって良いもの。
3枚ですから、聴き応えはありますよね。選曲も悪くないです。
ただ、『FRIENDS』を入れなかったのはマイナスかな。

個人的評価:★★★★★★★★★☆ 9.5