荒井由実 3rd Studio Album
COBALT HOUR
TOSHIBA EMI / EXPRESS
1975年6月20日発売

▼カタログ
アルファミュージック、東芝含め数多く出ているため直近のもののみ表記
・リマスター:2000年4月26日発売(CD : TOCT-10713)
・期間限定再発:2013年10月2日発売(CD : TYCT-69033)ユニバーサルミュージック

arai3

Produced by Kunihiko Murai
最高2位・46.2万枚

TL

1. COBALT HOUR
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

飛行機のSEで幕を開けるタイトル曲。旅の始まり的なワクワク感がある。

2. 卒業写真
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

1975年2月5日に発売のハイ・ファイ・セットの1stシングルとして提供した楽曲をカバー。
卒業シーズンの定番として浸透している曲で、ユーミンのコンサートのアンコールでも度々演奏される曲。つまりファン受けが良いんでしょうね。
歌っているのは卒業した後のことで、憧れていた『あなた』を回想しているもの。


3. 花紀行
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

由実さんの春の曲といえば、『卒業写真』『春よ、来い』が余りに有名ですが、情緒のあるこの曲や『経る時』も外せない名曲といえそう。

4. 何もきかないで
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

『ルージュの伝言』B面。70年代とは思えないお洒落な曲。

5. ルージュの伝言
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

1975年2月20日発売の5thシングル。最高45位、6.9万枚。
スタジオジブリ映画『魔女の宅急便』のオープニングにてキキが箒で夜空を飛んでるシーン。箒にかけたラジオから流れてくるあの曲です。『やさしさに包まれたなら』同様、幅広い世代に浸透しているエバーグリーン曲。


6. 航海日誌
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

人生の『航海』と恋愛の『後悔』をかけたロスト・ラブソング。
うつろう 青春に 身をまかせていれば
長い人生さえ 宇宙のかけら


7. CHINESE SOUP
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

大切な人のためにチャイニーズ・スープをこしらえる女性の歌。
ドリカムは『あなたにサラダ』という曲でオマージュ(?)している。


8. 少しだけ片想い
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

1975年10月5日に発売された6thシングル『あの日にかえりたい』最高1位、61.9万枚。のB面としてリカットされた。

9. 雨のステイション
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

西立川駅のことを歌ってるそうだ。
ハイ・ファイ・セットが1977年にカバーしている。


10. アフリカへ行きたい
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1975 ALFA MUSIC

最後も飛行機のSEで幕を降ろす。わ

RV

45周年記念ベスト、2018年4月発売!
ユーミンの自身が選曲した名曲集

初回特典映像あり 左;Blu-ray、右;DVD



ユーミンの独身時代、荒井由実の3rdアルバムです。
シングル曲はないものの、アルバムはこの時点で最大ヒットとなりました。
『卒業写真』『ルージュの伝言』の一般への浸透度が高いですね。
荒井由実のキーワードとして『自然』『少女性』『純粋さ』なんかを感じるのだけど、このアルバムも例に漏れず、想像力豊かで絵画的な歌詞からも優れた感性の持ち主であることがわかる。

アルバムのあとに発売されたシングル『あの日にかえりたい』が自己最高のヒットを記録します。
『あの日にかえりたい』は収録されておりませんが、次作も大ヒットとなります。
つまりここらへんがユーミンとしては初のブレイクになるのかなと。


個人的評価:★★★★★★★★★☆ 9


▼最新作 宇宙図書館、初回盤もあるよ▼
  

荒井由実 特集はこちら