荒井由実
Yumi Arai

あらいゆみ アライユミ

YumiArai

1971年に作曲家としてデビューする。アルファミュージックのファウンダー村井邦彦氏に見込まれ、作家として専属契約を結ぶ。
1972年5月には、村井氏の勧めもあり、かまやつひろし氏プロデュースでシングル・レコード『返事はいらない』でシンガー・ソング・ライターとしてデビューする。
新感覚派の天才少女として音楽ファンから注目を集め、年一枚のペースでアルバムを発表する。
6thシングル『あの日にかえりたい』が大ヒットし、一度めの大ブレイク期をむかえる。
交際していたバックバンドのメンバーだった松任谷正隆氏と、1976年11月に結婚する。
正隆氏がインタビューで、『編曲は由実さんから教えてもらった』とコメントしているように、由実さん自身も編曲はできるの人なのだが、全幅の信頼を寄せるパートナー正隆氏に、ほぼ全てを任せている。
結婚にともない、アーティスト名を松任谷由実に改名する。愛称はユーミン。(元中国人のステディが名付け親)

荒井由実と松任谷由実の大きな違いは、荒井由実ではセルフポートレート的な面が強く、どちらかと言えば暗い世界である。
一方、松任谷由実では第三者をモチーフに彼女の想像力で時代を切り取ってきた印象。
荒井由実、松任谷由実ともに作品は絵画的で、聴きながらその状況を容易に想像できるものである。
なお、近年はその傾向は薄れており、意図的に言葉の重みに重点を置いた作品作りになっている。

作品

★S I N G L E

1. 返事はいらない |空と海の輝きにむけて
2. きっと言える|ひこうき雲
3. やさしさに包まれたなら|魔法の鏡
4. 12月の雨|瞳を閉じて
5. ルージュの伝言|何もきかないで
6. あの日にかえりたい|少しだけ片想い
7. 翳りゆく部屋|ベルベット・イースター

★ A L B U M

☆ original studio album

1. ひこうき雲

2. MISSLIM

3. COBALT HOUR

4. 14番目の月

☆ compilation
-松任谷由実オフィシャルサイト掲載の荒井由実名義もの-
1. YUMING BRAND
2. Super Best of 荒井由実(Yumi Arai)

☆ live
1. Yumi Arai the concert with old frien
由実さんのご実家 八王子 荒井呉服店
https://www.araigohukuten.co.jp/