長戸大幸
Daikoh Nagato

ながとだいこう ナガトダイコウ
1948年4月6日生まれ、滋賀県出身。

nagato_daikoh_being

ビーイング・グループ・ファウンダー。
音楽プロデューサーとして数多くのアーティストを送り出す!



現在の大手レコードレーベル『ビーイング』創業者。

若い頃、吉田拓郎さんの歌詞に大きな影響を受ける。吉田拓郎ならば、フォーライフレコードだろうとオーディションに合格するが、デビュー直前に辞退。
ブティック経営を経て上京し、妹尾隆一郎のマネージャーになるなどプロモーターとしての経験を積む。
阿久悠さんが所属するオフィス・トゥーワン系列の音楽出版社に所属し、作家としての活動を開始する。
そのきっかけを作ったのが、のちにビーイング副社長になる人物で、その後独立し音楽制作会社パブリックイメージを設立することになる月光惠亮氏。(ZIGGY/LINDBERG/田村直美/松田樹利亜/ZNXをデビューさせ、氷室京介のソロにも関与)
FENCE OF DEFENCEの北島健二氏の紹介で企画モノユニットのヴォーカルとして起用した、若き日の織田哲郎のデモテープを聴き、これからは自作自演アーティストの時代だと直感した長戸大幸氏はその才能に惚れ込んだ。
アーティストとして活動することを心配していた織田氏の親元まで出向き説得して契約したという。
そういえば、喫茶店で目にした『ちびまる子ちゃん』の漫画に感銘を受け、ツテを頼ってさくらももこ先生に会いに行ったというエピソードもあるように長戸氏は行動力がある方なのだと思う。

作家としては、現在、国会議員として活躍する三原順子さんのヒットシングル『セクシーナイト』や『ドラム』を作曲している。
そして1978年、長戸氏は独立して音楽制作会社ビーイングを設立。
ロックに強かった月光氏が中心になり、LOUDNESSやBOOWY(ビクター時代)、浜田麻里らを輩出。どちらかといえば当初はロック寄りのマニアックな会社だった。

80年代にTUBEがヒットするが、資金難からマネジメントする余力がなく、田辺エージェンシーの菅原さんに預けている。90年代に入るとB'zの快進撃が始まり、B.B.Queensがヒットする。ここからがもう一つの始まりと言えるのではないだろうか。
1991年頃からビーイング系のブームが始まり、全盛期の1993年にはヒットチャートをビーイングが埋め尽くすなどした。
ブームが収束したあともTUBEやB'z、ZARDや大黒摩季、T-BOLAN、WANDS、DEENなどは以降も高い売り上げを継続した。

2000年代に入り倉木麻衣が大ブレイクすると不動産業を本格化し、大阪を中心にいくつものビルやマンションを取得し、リノベーションして賃貸物件にするなどした。
その後、マンションを新築したり堂島リバーフォーラムを新築するなど本業が霞むほどに不動産業に注力する。

長戸氏の一端を垣間見れるエピソードがあるので記載しておきます。
ブルーズ歌手として現在も活動している近藤房之助さんをビーイングにスカウトしたとき、長戸氏は『あなたの音楽を銭にする』と言ったそうで、近藤氏は『嘘がないな~』と思ったそうだ。
そして長戸氏は自身のことを『近江商人』と語るのだという。

長戸氏はインタビューにおいて、『僕は人と人を結びつけるのが好きなんです』とも発言している。

▶︎プロデュース、プランニング
BOOWY / 浜田麻里 / TUBE / B'z / B.B.Queens / ZARD / Mi-ke / T-BOLAN / WANDS / 大黒摩季 / MANISH / BAAD / TWINZER / DEEN / REV / ZYYG / EDGE / GEARS / FEEL SO BAD / TEARS / 宇徳敬子 / 森下由実子 / 柳原愛子 / 中村彩花 / Beaches / 中原薫 / View / FIELD OF VIEW
小松未歩 / 倉木麻衣 / 愛内里菜 / GARNET CROW / 上木彩矢ほか多数

▶︎作詞家、作曲家、編曲家
トータルプロデューサーでありながら、クリエイターとしての顔も持ち合わせている。イメージとしては小林武史型でしょうか。

《作曲》
・エマニエル『シティ・コネクション』(Danny Long 名義)
・和田アキ子『PARK AVENUE 7:PM』
・三原順子『セクシーナイト』
・三原順子『ドラム』
・石原裕次郎『それぞれの旅』
・渡瀬恒彦『風車』
・舘ひろし、Mi-ke『朝まで踊ろう』
・TUBE『内海シーサイド』
・TUBE『BECAUSE I LOVE YOU』(西村麻聡と共作)
・DALI『ムーンライト伝説』(w/z 吉江一男、小諸鉄矢 名義)
・上木彩矢『Tears』
・倉木麻衣『YESTERDAY LOVE』(久保田敬也と共作)
伊藤麻衣子・林寛子・沖田浩之・岡江久美子などにも提供。

《編曲》
・宇徳敬子『Good-by Morning』
織田哲郎によると、長戸氏は楽譜を書けるらしい。

《作詞》
・B.B.Queens『ギンギラパラダイス』
・B.B.Queens『ぼくらの七日間戦争〜Seven Days Dream〜』
・B.B.Queens『夢のENDはいつも目覚まし!』
・B.B.Queens『ドレミファだいじょーぶ』
・Mi-ke『想い出の九十九里浜』
・Mi-ke『ブルーライトヨコスカ』
・Mi-ke『悲しきテディ・ボーイ』
・Mi-ke『サーフィン・JAPAN』
・Mi-ke『Pink Christmas』
・Mi-ke『涙のバケーション』
・びわこ成蹊スポーツ大学 校歌

▶︎別名義
1993年、コンフィデンス誌上で耳病悪化によりプロデューサーを退任すると発表後、活動の拠点を関西に移す。
本人のインタビューによると、大阪の前に一時期京都方面にもいたらしい。
1996年になるとビーイングのレコードレーベルZAIN RECORDSに関西専門レーベルとして『WEST HAUS』を設立し、プロデューサー名義をROCKAKU(ロック悪)とする。長戸氏は『僕はロックが嫌い』と発言しているので遊びゴコロから決めた名前なのかも。
翌年、同レーベル内に再び関西専門レーベル『Spoonful』を設立、小松未歩をデビューさせる。
小松のデビュー曲がヒットすると、すぐさまレーベルを法人化し『Amemura O-town Record』が始動する。
小松が2ndアルバムで60万枚を叩きだし、長戸氏のプロデューサーとしての活動も本格化してゆくことになる。

1999年、Amemura O-town Recordを含めいくつかのインディーズ・レーベルを合併させて、関西初のメジャーレコード会社として株式会社ギザ『GIZA studio』を設立する。
レーベル黎明期は従来通り、既に存在するもの(アーティスト)に独自のエッセンスを加えて新たなものをつくる手法が取られた。
rumania montevideoがヒットし、同年12月にデビューした倉木麻衣が注目され、2000年にかけてブレイクを果たす。
この頃には『KANONJI』(カノン児)と名乗りプロデュースしている。カノンとは、あの有名なカノン進行のことでしょうね。
また小松未歩のプロデュースの際は、『KANONJI ROCKAKU』と名乗っていた。まさにアンチテーゼなのです。ロックとカノン。

坂井泉水が旅立った2000年代中頃以降のビーインググループ再編の際、チーフプロデューサーの一線を退いている。
その後は主に『GIZA studio』のプロデュースが中心となる。東京のアーティストも手がけることはある。
『長戸大幸』名義が復活しているが、アーティストによっては『KANONJI』を使っており、もはや深い意味はないようだ。

余談だが、ビーイングの作曲家兼アーティスト大野愛果(AIKA OHNO)が長戸氏のゴースト・ネームなのでははいかと噂になったことがある。
その根拠として長戸大幸(DAIKOH NAGATO)を並べ替えると(AIKA OHNO)が出来ること、もうひとつ森進一さんに『さらば青春の影よ』を提供した際、マスコミ発表では作曲が長戸大幸となっていたのにもかかわらず、商品では大野愛果にすりかわっていたことなどが挙げられる。

▶︎深く関わったビジネス・パーソン
・吉江一男(広告音楽制作会社ミスターミュージック創業者)ポカリスエットやドコモのタイアップを持ってきたのは彼
・吉田真佐男(テレビ朝日ミュージック代表)テレ朝とビーイングの鉄の結束の原点
・橋爪健康(CBS/SONYディレクター)TUBE
・石坂敬一(ポリグラム代表)ビーイングのB-Gramレーベルの販売数はポリグラムのものとして算定されていたので石坂時代に大きな利益を上げた
▶︎インタビュー(対談)
https://www.faith.co.jp/25th/dialogue/nagato-daikoh.html
新しいウインドウでリンクは開きます

▶︎出演情報
まずメディアに出てくることはほぼなく、裏方に徹するタイプの方なので、なかなかその素性を知ることは困難です。
しかし、2020年!ばんばひろふみさんと共にラジオ番組をスタートすることになりました。

番組 OLDIES GOODIES
放送 e-Radio (FM滋賀)
出演 長戸大幸、ばんばひろふみ

10月3日〜スタート!
12:00〜12:55(radikoでも聴けるそうです)