村井邦彦
Kunihiko Murai
むらいくにひこ ムライクニヒコ

1945年3月4日生まれ。作曲家、音楽プロデューサー、実業家。

kunihiko_murai

音楽キャリアのスタートは作曲家。
荒井由実、YMO、ハイ・ファイ・セットなど数多くのアーティストを輩出した音楽出版社『アルファミュージック』およびレーベル『アルファレコード』の創業者。
豊富な資金を活かし、MOON RECORDSに出資しアルファ・ムーンというレコード会社が設立された。
アルファ・ムーンはその後、マザーエンタープライズなどと共に独立し、MMGというレコード会社になる。山下達郎、竹内まりや、ハウンドドッグ、ブルーハーツなどが作品を発表したのち、ワーナーミュージックグループ入りし、イーストウエストジャパンになる。最終的にはワーナーに吸収され、山下達郎と竹内まりやのプライベートレーベルとしてMOONの名前は残った。

作曲家として活動していた少女時代の荒井由実に歌うことを勧め、デビューまで導いたのは村井邦彦氏だといわれている。また、松任谷正隆の才能にもいち早く注目し、アレンジャーとして重用した。
海外で活躍する映像プロデューサーHiro Muraiは村井氏のご子息。

プロデュース

・荒井由実 アルバム『ひこうき雲』
・荒井由実 アルバム『MISSLIM』
・荒井由実 アルバム『COBALT HOUR』

作曲作品

・辺見マリ『経験』
・Hi-Fi Set 『スカイレストラン』
・赤い鳥『翼をください』
・ピーター『夜と朝のあいだに』
・トワエモア『或る日突然』