松任谷由実 Best Album
日本の恋と。ユーミンと。松任谷由実40周年記念ベストアルバム Disc 3
TOSHIBA EMI
2012年11月20日発売(初回盤:3CD & DVD : TOCT-29100/1/2)

▼カタログ
・通常盤:発売日同じ(3CD : TOCT-29103/4/5)TOSHIBA EMI
・GOLD DISC Edition:2015年11月25日発売(3CD : UPCH-29206/7/8)UNIVERSAL MUSIC

nihokoi

Album Produced by Yumi Matsutoya
All Songs Written by YUMING except track 15

TL

Disc 1Disc 2|Disc 3

1. リフレインが叫んでる
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1988 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『Delight Slight Light KISS』より。

2. ダイアモンドダストが消えぬまに
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1987 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』より。

3. 真夏の夜の夢
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1993 NICHION,INC. & KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『U-miz』より。

4. ANNIVERSARY
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1989 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『Love Wars』より。

5. 春よ、来い
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1994 NHK Publishing Inc. & KIRARA MUSIC PUBLISHER

1994年10月24日発売のシングル。最高1位・116.4万枚。
アルバム『THE DANCING SUN』より


6. Happy Birthday to you 〜 ヴィーナスの誕生
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1987 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『DAWN PURPLE』より。

7. WANDERERS
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1988 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『Love Wars』より。

8. ガールフレンズ
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1983 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『VOYAGER』より。

9. 哀しみのルート16
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 2006 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『A GIRL IN SUMMER』より。

10. SWEET DREAMS
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1987 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』より。
ファンのおばさんは、自分自身の過去を重ねてしまうんだろうな。


11. カンナ8号線
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『昨晩お会いしましょう』より。

12. DESTINY
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1979 KIRARA MUSIC PUBLISHER

別れた男性との再会について歌っている。
偶然とは残酷なものである。
アルバム『悲しいほどお天気l』より。


13. ダンスのように抱き寄せたい
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 2010 KIRARA MUSIC PUBLISHER & Shochiku Music Publishing Co.Ltd.

2010年5月26日発売のシングル。1.4万枚。
アルバム『Road Show』より。
映画の主題歌として書き下ろされた楽曲だが、松任谷由実という女性が貫いてきた夫婦像と、妙にリンクしている。


14. ひこうき雲
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:荒井由実 & キャラメル・ママ)
Produced by 村井邦彦
(C) 1973 ALFA MUSIC

シングル『きっと言える』のB面。
アルバム『ひこうき雲』より。


15. 青い影 Procol Harum Feat. Yuming
(Written by Gary Brooker, Keith Reid, Matthew Fisher / Arrangement by Gary Brooker)
Produced by Procol Harum
(C) 1967 ONWARD MUSIC LTD

唯一の新録音。
プロコルハルムの『A Whiter Shade of Pale』のカバー。
オリジナルアーティストであるプロコルハルムとの競演作になっている。


RV

45周年記念ベスト、2018年4月発売!
ユーミンの自身が選曲した名曲集

初回特典映像あり 左;Blu-ray、右;DVD



デビュー40周年記念ベストアルバムと銘打たれた3枚組のベストアルバム。
初回盤にはDVDが付属し、彼女のライフワークの一つである、ライブパフォーマンスがザッピング収録されている。

とりあえず、ユーミンの代表曲を聴きたい!
このベストアルバムは、そういう人達に向けられて発売されたものである。
個人的に、究極のつまみ食いアルバムだと思っている。

これでもかというほど、知名度の高い曲が並べられており、アルバム曲はライブでよく演奏される曲だったりして、アルバム単位で聴くようなファンは、つまみ食いする必要がないため必須アイテムではないかもわからない。

リマスターで音圧を上げてるので、耳馴染みの良い音で聴きたい時とか、ライブ前の予習の材料としては優秀かも。
1998年に発売された、松任谷由実初のベストアルバム『ノイエムジーク』と選曲が被っている。

Disc3は、80年代の人気曲とバブル期の大ヒット作からのアルバム曲、大ヒットシングルを織り交ぜているる。
松任谷由実の栄光を真空パックしたようなイメージ。

荒井由実曲は、アニメーション映画の主題歌に採用され、若い世代にアピールするきっかけになった名曲『ひこうき雲』のみ。
最後に収録した、唯一の新録でカバー曲『青い影』は自身のルーツであるプロコルハルムとの夢の共演。
きっとこれは40年頑張ってきた自分自身へのご褒美なんでしょうね。
Gold Disc Editionには、このあとに配信シングル 『気づかず過ぎた初恋』のリアレンジバージョンが収録されている。
この曲は『宇宙図書館』にも収録されており、配信版とは異なりリアレンジされたものになっている。

また、2018年にはこの作品とは対極に位置する、裏ベスト的な『ユーミンからの、恋のうた。松任谷由実45周年記念ベストアルバム』が発表された。

個人的評価:★★★★★★★★★☆ 9


初回特典映像あり 左;Blu-ray、右;DVD