松任谷由実 Best Album
日本の恋と。ユーミンと。松任谷由実40周年記念ベストアルバム Disc 2
TOSHIBA EMI
2012年11月20日発売(初回盤:3CD & DVD : TOCT-29100/1/2)

▼カタログ
・通常盤:発売日同じ(3CD : TOCT-29103/4/5)TOSHIBA EMI
・GOLD DISC Edition:2015年11月25日発売(3CD : UPCH-29206/7/8)UNIVERSAL MUSIC


nihokoi

Album Produced by Yumi Matsutoya
All Songs Written by YUMING
最高1位・101.1万枚

TL

Disc 1|Disc 2|Disc 3

1. 真珠のピアス
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『PEARL PIERCE』より。

2. あの日にかえりたい 荒井由実
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 村井邦彦
(C) 1975 ALFA MUSIC

1975年10月5日発売のシングル。最高1位・61.5万枚。
荒井由実の人気を高めて、本格ブレイクのきっかけとなった楽曲。
結婚後、人気が低迷したが、同じようにシングル『守ってあげたい』が大ヒットとなり、二度目のブレイクを迎える。


3. 海を見ていた午後 荒井由実
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 村井邦彦
(C) 1974 ALFA MUSIC
アルバム『MISSLIM』より。
横浜・根岸にあるカフェ&レストラン ドルフィンを舞台に描かれている。
マンションが立ち、その景色は変わったというが、海は見えるらしい。


4. 中央フリーウェイ 荒井由実
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1976 ALFA MUSIC

アルバム『14番目の月』より。

5. 埠頭を渡る風
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1978 KIRARA MUSIC PUBLISHER

1978年11月5日発売の12thシングル。最高71位・1.9万枚。
アルバム『流線形'80』より


6. ノーサイド
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1980 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『NO SIDE』より。

7. 青春のリグレット
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1984 NICHION & KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『DA・DI・DA』より。

8. BLIZZARD
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1984 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『NO SIDE』より。
苗場で開催されている冬のコンサートの定番曲。


9. 幸せになるために
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 2001 KIRARA MUSIC PUBLISHER

2001年1月11日発売のシングル。最高6位、10.1万枚。
アルバム『acacia [アケイシャ]』より。
テレビ番組のために書き下ろされた。


10. シンデレラ・エクスプレス
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1985 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『DA・DI・DA』より。
遠距離恋愛をドラマティックに描いた80年代の恋愛バイブル。


11. DANG DANG
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『PEARL PIERCE』より。

12. わき役でいいから
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1981 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『水の中のASIAへ』より。

13. 14番目の月 荒井由実
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1976 ALFA MUSIC

アルバム『14番目の月』より。

14. 翳りゆく部屋 荒井由実
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1976 ALFA MUSIC

1976年3月5日発売のシングル。最高10位・25.7万枚。

15. 水の影
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
Produced by 松任谷正隆
(C) 1980 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバム『時のないホテル』より。
人の死を歌ったものだが、悲しみだけの歌ではない。
歌詞の『けれど傷つく心を持ち続けたい』すなわちそれは、生きているということだから。
このベストが出た頃、お世話になった飲み屋のマスターは健在でした。
この曲を歌いながら、決まって泣く人でした。
時々思うのです。
ほとんどの人から、この方は楽天的と思われていました。
確かにそんな感じはあるんだけど、僕が目にした中で、この方はとても繊細でした。
毒舌なところもありましたが、基本心遣いの人だった。
自分自身のストレスを解消するかのように、コンサートに出かけ、飲み歩き、新宿御苑の緑や薔薇に会いに行っていた。
そうやって人は、どこかでバランスを取りながら生きてるのではないだろうか。
きっと生きていたら、今回のベストアルバムについて大騒ぎしていたんだろうな。(笑)
音楽はもちろん聴くためのものだけど、人の人生において常に寄り添ってくれる存在なのかも知れない。


RV

45周年記念ベスト、2018年4月発売!
ユーミンの自身が選曲した名曲集

初回特典映像あり 左;Blu-ray、右;DVD



デビュー40周年記念ベストアルバムと銘打たれた3枚組のベストアルバム。
初回盤にはDVDが付属し、彼女のライフワークの一つである、ライブパフォーマンスがザッピング収録されている。

とりあえず、ユーミンの代表曲を聴きたい!
このベストアルバムは、そういう人達に向けられて発売されたものである。
個人的に、究極のつまみ食いアルバムだと思っている。

これでもかというほど、知名度の高い曲が並べられており、アルバム曲はライブでよく演奏される曲だったりして、アルバム単位で聴くようなファンは、つまみ食いする必要がないため必須アイテムではないかもわからない。

リマスターで音圧を上げてるので、耳馴染みの良い音で聴きたい時とか、ライブ前の予習の材料としては優秀かも。
1998年に発売された、松任谷由実初のベストアルバム『ノイエムジーク』と選曲が被っている。

さて、Disc2です。
荒井由実人気を決定づけた『あの日にかえりたい』が収録されています。
印象としてライブで演る曲が多いですね。
松任谷由実の人気の高いアルバム曲や、スタンダード性の高いシングルを、荒井由実の代表曲でサンドした感じです。
ユーミンの美味しい(わかりやすい)部分を抽出していて、全世代対応型の名曲集になっている。

また、2018年にはこの作品とは対極に位置する、裏ベスト的な『ユーミンからの、恋のうた。松任谷由実45周年記念ベストアルバム』が発表された。

個人的評価:★★★★★★★★☆☆ 8.5


初回特典映像あり 左;Blu-ray、右;DVD