槇原敬之 17th Studio Album
不安の中に手を突っ込んで
J-more / AVEX MARKETING INC.
2010年6月30日発売(CD : YICD-70075)

▼カタログ
デジタル配信:(P)Buppu Label / WORDS AND MUSIC

huan

Produced by Noriyuki Makihara
Excecutive Producers:奥村秀一(Words & Music)、稲垣博司(avex group)
最高10位・約3.7万枚

TL

1. 夜空にピース
(作詞:作曲:編曲:槇原敬之)
(C) 2010 WORDS & MUSIC

器の小さい自分を反省しつつも、感謝する気持ちを持てる自分になりたいと歌う。

2. 幸せの鍵を胸に
(作詞:作曲:編曲:槇原敬之)
(C) 2010 WORDS & MUSIC



3. 冬のコインランドリー
(作詞:作曲:編曲:槇原敬之)
(C) 2008 NICHION,INC.

シングル『ムゲンノカナタヘ〜To infinity and beyond〜』カップリング曲。
メロディー勝負という意味では『この傘をたためば』に質感が似たスローソング。
大江千里さんの歌で『真冬のランドリエ』というのがある。全然似てないけど。(笑)


4. ビオラは歌う
(作詞:作曲:編曲:槇原敬之)
(C) 2010 NHK Publishing Inc. and WORDS & MUSIC

どこか懐かしく、初期のポップなマッキーを思い出した。
とはいえ、アレンジの腕や間は完全に職人技。
マッキー流のテクノポップなのでしょう。


5. フルサト
(作詞:作曲:編曲:槇原敬之)
(C) 2007 NICHION,INC.

女性シンガー夏川りみのシングルとして提供した楽曲をカバー。
歌詞の一部を男性視点に変更している。
夏川Versionのほうも槇原さんがアレンジしており、個人的には、あっちのほうが槇原さんぽいアレンジだから好きなんだよね。
夏川りみ オリジナル https://youtu.be/UAWLDmH14ok


6. YOU GOTTA BE
(Written by Des'ree, Ashley Ingram・編曲:槇原敬之、トオミヨウ)
(C) 1994 SM PUBLISHING (UK) LIMITED & ASHLEY INGRAM MUSIC 401

Des'reeのカバー曲。重厚なコーラスを導入してロック寄りのアプローチを披露した。

7. 不安の中に手を突っ込んで
(作詞:作曲:槇原敬之・編曲:槇原敬之、トオミヨウ)
(C) 2010 WORDS AND MUSIC

タイトル曲。
ファンキー・ソウルフル・マッキー。


8. ムゲンノカナタヘ〜To infinity and beyond〜
(作詞:作曲:編曲:槇原敬之)
(C) 2009 NICHION,INC.

2009年11月25日発売のシングル。最高27位、0.5万枚。
ロック寄りの曲をシングルにするのは、めずらしいよね。


9. in love again?
(作詞:作曲:槇原敬之・編曲:槇原敬之、トオミヨウ、村田陽一)
(C) 2010 WORDS & MUSIC

こういう年相応の渋い楽曲を書かれると、びっくりしてしまうよね。
おじさんになっても、かわいい子を見れば恋をするのよ。(実感こもってる)
タイトル曲にしたくなるくらい安定している。
缶コーヒーのCMとかに押し込めたら、シングルにしてもよかったくらい。


10. おさらばだ
(作詞:作曲:槇原敬之・編曲:東京スカパラダイスオーケストラ、北原雅彦)
(C) 2007 Nippon Television Music Corporation

東京スカパラダイスオーケストラを迎えて制作された。
シングル『赤いマフラー』のカップリング曲『お元気で!』が原曲。
大部分の歌詞を変え、アレンジをスカパラ仕様に衣替えしている。
『お元気で!』はマッキー王道のポップで、あちらはあちらで良いです。


RV



2枚のベストアルバムを挟んでリリースされた17thオリジナル・アルバム。
エイベックスのJ-moreレーベルから発売されたエイベックス三部作の最後。
正直、エイベックス三部作は、どれも素晴らしい出来だったと思っています。
個人的には売れてた東芝EMI時代より全然好きですね。

今作は、ベストアルバムを出したことも少なからず影響したのか、前作の半分近い売り上げになってしまいました。
一枚の作品としてみれば、完成度は高くて、もっと多くの人に聴かれてもおかしくないんだけどね。
基本的な品質は保証しながら、さりげなく流行りを取り入れたり、新しいチャレンジをしていたりとなかなか聴き応えのある作品です。

エイベックス三部作を聴いてないという人は、本当に聴いてみて欲しい。

個人的評価:★★★★★★★★☆☆ 8.5


【SINGLE】
1. 『ムゲンノカナタヘ~To infinity and beyond~』
C/W 『冬のコインランドリー』