大江千里 7th Studio Album
1234
EPIC/SONY RECORDS CBS/Sony Group inc.
1988年7月21日発売(CD : 32 8H 5034 / CT : 28 6H 5034 / LP : 28 3H 5034)

▼カタログ
・SME品番移行:1991年11月1日発売(CD : ESCB 1246)Epic/Sony Records Sony Music Entertalnment (Japan) Inc.
・リマスターはボックスのみ

12344

Produced & Written by Senri Oe
最高6位・10.8万枚

TL

1. GLORY DAYS
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1988 Sony Music Artists Inc.

14thシングル。最高16位、2.9万枚。
Dalyl Hallを思わせる雄大なロックサウンド。


2. 平凡
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

キャンプでのアバンチュールを歌ったものかな?…
ボクの性癖のせいかハッテンの歌にしか聴こえないけど。(笑)


3. ROLLING BOYS IN TOWN
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

歌詞がよくわからないんだけども、コーラスが強めでノリの良い曲。
Background Vocal:デーモン小暮、佐橋佳幸、大江千里

4. Rain
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

草食系の眼鏡男子じゃない千里さんの一面を披露している。
HOMME』に収録されている『びんた』という曲も併せておすすめ。
槇原敬之(1998年、2014年)さんのカバーで知名度が上がり、秦基博くん(2013年)によるカバーで若年層に伝えられた。槇原さんにはもっともっと千里さんの曲を広めて欲しいです。
ベスト盤『2000 JOE』に収録された。2018年のアルバム『Boys & Girls』日本盤の限定盤では、リマスタリング音源を聴くことができる。


5. ハワイへ行きたい
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

荒井由実は『アフリカへ行きたい』そうです。(笑)
カズンが1stアルバム『彼と彼女の夏』(1995年)にて謎のカバーを発表。


6. サヴォタージュ
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

イントロはシカゴのSaturday in the parkだったりしますが、東京での暮らしをあきらめたくないという若者の決意の歌。
誰とでもいい 話がしたい
だけど話すことが何もない
結婚もする 子供もつくる
ありあまる情熱


7. 帰郷
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

前作『OLYMPIC』の『夏渡し』でも感じたのだけど、千里さんの曲には、時々フォークの世界に通じるような純和風の風合いを感じることがある。

8. 昼グリル
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

昼時の他人を観察しながら、サビでは主人公の心情を羅列している。
悩んでるというより、考え事をしているそんな感じ。


9. 消えゆく想い
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

離れていった恋人を想いながらも、いつか別の人に出会い、そのまだ見ぬ誰かに胸を焦がすであろう自分を許さないでという。
一見わがままな男のように感じるけど、愛した時間を誇りにしたいと結んでいる。
年老いて ぼくが変わっても
きみを愛した力を覚えていたい
(略)
さよなら 愛した人よ
きみのような厳しさに もう逢うこともないよ


10. ジェシオ'S BAR
(作詞:作曲:大江千里・編曲:大村雅朗)
(C) 1986 Sony Music Artists Inc.

にぎやか!
『たわわの果実』思い出した。

Background Vocal:渡辺美里、豊広純子、佐橋佳幸、大江千里

Musicians
Vocal&Piano:大江千里
Keyboards:西本明、大村雅朗、冨樫春生、小林武史
Guitars:佐橋佳幸、松原正樹
Bass:美久月千晴
Drums:山木秀夫
Trumpet:数原晋、菅坡雅彦
Tromboan:西山健治
Saxophone:Jake H. Conception、金城寛文
Strings:Joe Strings
Synthesizer Programming:迫田到、石川鉄男

これに『ROMANCE (From the Olympic TORCH TOUR) 』『これから』『サヴォタージュ (Remix Version)』を加えた『1234+3』がボックスセット『Senri Premium 〜MY GLORY DAYS』(7CD : DYCL 1624)ORDERMADE FACTORY / Sony Music Direct (Japan) Inc.発売のDisc7である。

RV

▼初期の名盤リマスター盤発売中▼
歌詞カードはLP版を復刻したカラー仕様
ジュエルケースです、紙ジャケじゃありません




前作『OLYMPIC』から13ヶ月ぶりに発表された7枚目のオリジナル・アルバム。
SENRI OE CONCERT TOUR '88-'89を開催。

ポップな曲は無くなはないけど、これまで以上にアーティスト大江千里を追求した作品なのではないだろうか。
それを最も象徴しているのが、ジャケット写真。
何かを訴えかけるように、真顔でまっすぐこちらを見つめている。
アートワークをスキャンしながら、その目力に圧倒された。

全曲大村雅朗さんのアレンジとなっており、千里さんとの相性の良さを感じさせる出来になっている。
ポップな千里から、アーティスティックな一面をより濃く押し出した作品となっている。


個人的評価:★★★★★★★★☆☆ 8