松任谷由実 18th Studio Album
ALARM a la mode
TOSHIBA EMI / EXPRESS
1986年11月29日発売(CD : CA32-1330 / LP : ETP-90440 / CT : ZH28-1750)

▼カタログ
・リマスター:1999年2月24日発売I(CD : TOCT-10651)東芝EM
・品番変更:2013年10月2日発売(CD : TYCT-69048)ユニバーサルミュージック

aa
art direction:Mitsuo Shindo

Produced by Masataka Matsutoya
最高1位・69.5万枚

TL

1. Holiday in Acapulco
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER

イントロで飛行機の離陸音が挿入されているリゾートソングですが、傷心旅行に訪れたアカプルコでの心境を歌っている。
華原朋美のユーミンミュージカルで歌っていた。
今作の発売告知CMにおいてオンエアされた。


2. ジェラシーと云う名の悪夢
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER

一転シリアスモードに。
オカルト映画風のイントロが印象的。
嫉妬と闘う女性の心理。


3. パジャマにレインコート
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1985 KIRARA MUSIC PUBLISHER

ポールマッカートニーがよぎる。
シングル『メトロポリスの片隅で』B面(CD版ではカップリング)


4. 白い服、白い靴
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER

元彼だろうか、地下鉄で再会して楽しかった彼女。
今は新しい彼がいるとは言えず、再会した彼とデートの約束をしてしまう。
デートには白い服と白い靴を選んだ。
ところが当日雨降りで、キャンセル。
彼女の心も雨降り。


5. 土曜日は大キライ
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER & FUJI PACIFIC MUSIC

失恋した主人公が土曜日は大キライだと思う理由は、次の恋を予感させるから。
実に可愛らしい歌。


6. ホライズンを追いかけて〜L'aventure au desert
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER

『カンナ8号線』なんかと風合いが似た名曲になりそうな雰囲気の曲。
パリダカールラリーをイメージして制作されたとのこと。


7. Autumn Park
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER

デートで訪れた秋の公園での心情を歌っている。
ストリングスを効かせたバラードナンバーなんだけれども、静けさの中に打ち付けるドラミングがよりドラマティックに演出している。
生まれ変わって別の人になっても私を見つけて、と深まる秋に染み入る愛のメッセージ。
元祖イントロの天才松任谷正隆さんの腕が光るアレンジメント。


8. 20minutes
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER & NHK Publishing Inc.

トリッキーなアレンジが、アルバムの地味さを辛うじて中和させる。
待ち合わせの歌なんだけども、余りに内容がない歌詞なのでファンの中でも賛否両論ある歌。


9. 3-Dのクリスマスカード
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER

由実さんの描写力がキラリと光るクリスマスソング。
雪景色をショートケーキになぞらえ、降る雪を空がふるいをかけたシュガーと歌うこの感性。
『SUGAR TOWNはさよならの町』でも雪を砂糖になぞらえていたので、彼女は本当に視覚を重視する方なんだろうなと思う。
彼が住む雪の国を想像している少女チックな歌詞で由実さんぽさがない。


10. さよならハリケーン
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1986 KIRARA MUSIC PUBLISHER

スタンダード性の高いポップロック。
なんかでもAメロの良さをサビがかき消していて由実さんらしくない気もしなくもない。


RV

▼最新作 宇宙図書館、初回盤もあるよ▼
  

18作目のスタジオアルバム。
アート感漂うジャケットデザインは信藤三雄氏によるもの。
今作はシングルのタイトル曲は収録されておらず、『メトロポリスの片隅で』のB面だった『パジャマにレインコート』がシングル収録曲となる。

地味めな印象を受ける作品ではあるが、9曲めの『3-Dのクリスマスカード』では次作『ダイアモンドダストが消えぬまに』を予告するかのようなキラキラサウンドを覗かせている。

個人的評価:★★★★★★★★☆☆ 8




次作は『ダイアモンドダストが消えぬまに

松任谷由実特集はこちら!