松任谷由実 38th Studio Album
宇宙図書館
EMI Records UNIVERSAL MUSIC LLC
2016年11月2日発売(CD : UPCH-20431)

▼カタログ
・特典DVD付属(CD&DVD : UPCH-29230)EMI Records UNIVERSAL MUSIC LLC
・特典付属特別盤(CD&Blu-ray&LP : UPCH-29229)EMI Records UNIVERSAL MUSIC LLC

tosho

Produced by Masataka Matsutoya
最高1位・10.7万枚

TL

1. 宇宙図書館
(作詞:作曲:YUMING・編曲:松任谷正隆)
(C) 2016 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバムタイトル曲。
シンプルなバッキングに由実さんの声が浮かんでいる。


2. 残火
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 2016 Nippon Television Music Corporation

アルバムリード曲として配信されていたナンバー。
堤幸彦監督、中村勘九郎主演 映画『真田十勇士』主題歌。
アレンジこそ違うけど、『Lost Highway』に似た雰囲気を感じた。映画の主題歌にふさわしくドラマティックなナンバー。


3. Sillage ~シアージュ
(作詞:作曲:YUMING・編曲:松任谷正隆)
(C) 2016 KIRARA MUSIC PUBLISHER

90年代のアルバムの中にありそうなスローソング。

4. AVALON
(作詞:作曲:YUMING・松任谷正隆)
(C) 2016 KIRARA MUSIC PUBLISHER

印象的なイントロで始まるソフトロックナンバー。カッコいいですね!
JRA 日本中央競馬会『a beautiful race』テーマソング。


5. あなたに会う旅
(作詞:作曲:YUMING・編曲:松任谷正隆)
(C) 2016 KIRARA MUSIC PUBLISHER

80年、90年代の由実さんの声で聴きたかった1曲。
ハウス食品『北海道シチュー』CMソング。


6. 星になったふたり
(作詞:作曲:YUMING・編曲:松任谷正隆)
(C) 2016 KIRARA MUSIC PUBLISHER

アルバムの中で異彩を放つのがこちら。
テクノ調のリズムに乗せたポップなメロディが耳に残る。


7. 月までひとっ飛び
(作詞:作曲:YUMING・編曲:Dan Higgins)
(C) 2016 KIRARA MUSIC PUBLISHER

ビッグバンドでアレンジされた豪華なサウンドが新鮮。
今の由実さんの声はこういう曲では違和感が全くない。


8. Smile for me
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 2016 FUJI PACIFIC MUSIC & M.C.Cabin Music Publishers Inc.

ファインダーを覗く彼女が見ているのは彼であり二人の歴史。
『SMAP×SMAP』出演時に歌った曲ですね。
天海祐希主演フジテレビ系ドラマ『Chef〜三つ星の給食』主題歌。


9. 私の心の中の地図
(作詞:作曲:YUMING・編曲:松任谷正隆)
(C) 2016 KIRARA MUSIC PUBLISHER

大和ホームグループCMソング。
由実さんが一番帰りたい場所…生まれ育った家を思いながら作ったそうです。


10. 君と(僕の)BIRTHDAY
(作詞:作曲:YUMING・編曲:松任谷正隆)
(C) 2016 KIRARA MUSIC PUBLISHER

スタンダード性の高いポップロック。
なんかでも由実さんらしくない気もしなくもない。
宮崎あおい出演、ネイチャーラボ モイストダイアンボタニカルCMソング。


11. 気づかず過ぎた初恋(Extra Winter Version)
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 2015 Watanabe Entertainment Co.,Ltd. & KIRARA MUSIC PUBLISHER

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』日本語吹き替え版主題歌。2015年11月18日に配信スタート、また11月25日より限定発売されたベストアルバム『日本の恋と、ユーミンと -GOLD DISC Edition-』に収録されているものと同じ。

12. GREY
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1987 Tanabe Music Publishing Co.Ltd. & KIRARA MUSIC PUBLISHER

1987年にプロデュースした小林麻美さんのアルバムに『GREY』のタイトル曲をカバー。
同アルバムからは『遠くからHAPPY BIRTHDAY』も『Happy Birthday to You〜ヴィーナスの誕生〜』としてカバーしている。
自分自身の心をアッシュトレイ(灰皿)に例え去った人を想う絵画的な独特の表現が光る。
シンプルな演奏がまるでイージーリスニングであるかのように聴く者を包み込み宇宙(そら)へ誘う。


RV

▼最新作 宇宙図書館、初回盤もあるよ▼
  

19年ぶりにチャート1位を獲得した由実さん通算38枚目のオリジナル・アルバム。
配信されていたリード曲を除くと、シングルは無しのアルバムとなりましたが、タイアップ盛り沢山…現時点で7曲にタイアップが付いています。
由実さん自身の積極的なメディア露出といい、タイアップの嵐といいこの作品に賭ける並々ならない想いを感じました。

どちらかといえば、スローな曲が多くアダルトな香りの作品ではないでしょうか。
若い頃から大人っぽいアルバムを作ってきた由実さんが、年相応の穏やかさを見せてくれたアルバムだと思っています。
一度聴いて、二度聴いて、三度、四度聴いて…良さが沁みてくる作品かなあと。
個人的には『宇宙図書館』『残火』『AVALON』『GREY』あたりをリピートしています。
じっくり、ゆっくり何度も聴きたくなる作品です。
このアルバムに在るユーミンからの答えとは何なのだろう?…それを考えて聴くのも悪くなさそう。

-追記- 2017年5月
ツアーの東京公演に行ってきました。
アルバムのツアーなのでほとんどの曲は演奏されました。中でも『GREY』が際立っていたように思います。
総てはこの曲に繋がってるような気がしました。

個人的評価:★★★★★★★★★☆ 9


ユーミンを聴き始めるならこの2枚
ユーミンのベスト『バイブル』です




次作は『深海の街』です。

松任谷由実特集はこちら!