松任谷由実 28th Studio Album
Cowgirl Dreamin'(カウガール・ドリーミン)
EXPRESS / 東芝EMI
1997年2月28日発売(CD : TOCT-9830)

▼カタログ
・品番違い:2013年10月2日発売(CD : TYCT-69045)ユニバーサルミュージック

cow

Produced by Masataka Matsutoya
最高1位・約78.8万枚

TL

1. ありのままを抱きしめて
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1997 KIRARA MUSIC PUBLISHER

ギターのカッティングで始まるミディアムロック。

2. Cowgirl Blues
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1997 KIRARA MUSIC PUBLISHER

恋人への未練を歌っている。
こちらもギターが主張しているミディアムロック。アメリカンな雰囲気がカッコ良い。
三菱自動車RVキャンペーンCMソング。


3. 告白
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1996 KIRARA MUSIC PUBLISHER

1997年1月発売の30thシングル。最高10位、8.0万枚。日本テレビ系ドラマ【shin-D】『告白』主題歌。
ゲイフレンドリーとして知られる由実さんが直球で書いたカミングアウトの歌。
個人的にはそれほど好きな部類の曲ではないのです。(苦笑)
自分はカミングアウトって、受ける相手の立場を無視してるような気がする。自分がラクになる手段だと思うから。
実は高校生の頃に友達にカミングアウトしたことがあるのだけど、相手はノンケだからものすごくショックを受けてしまって悪いことをしたなと思いました。
そういう経験があるので、私はカミングアウトは慎重派です。


4. Moonlight Legend
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1997 KIRARA MUSIC PUBLISHER

メルヘンな曲にふさわしくいい具合に声が綺麗になってる。
『キリンラガービール』CMソング、シングル『告白』カップリング。


5. 別れのビギン
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1997 KIRARA MUSIC PUBLISHER

コクド『苗場プリンスホテル』CMソング。

6. 忘れかけたあなたへのメリークリスマス
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1996 KIRARA MUSIC PUBLISHER

シングル『最後の嘘』のカップリング。
別れた恋人を想いながら客観的にクリスマスを見つめる女性。
クリスマスの浮かれた感じを魔法と表現する一方で、別れた男性にかけられた魔法に捕らわれている自分を重ねる。


7. Midnight Train
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1996 KIRARA MUSIC PUBLISHER



8. 最後の嘘
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1996 NICHION,INC.

1996年10月16日発売の29thシングル。最高4位、30.7万枚。TBS系ドラマ『ひとり暮らし』主題歌。(主演:常盤貴子さん)

9. Called Game
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1996 KIRARA MUSIC PUBLISHER

由実さんのスポーツソングといえばラグビーの『NO SIDE』が余りに有名ですがこちらは野球。
Called Gameは野球などのスポーツで審判員が打ち切りを命じて終了した試合のことだそうです。
これは野球を通じて恋愛の終わりを歌ったものです。
留守番電話に残された彼からの『さようなら』がCalled Gameだったのではないでしょうか。


10. まちぶせ
(作詞:作曲:荒井由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1976 Watanabe Music Publishing Co .,ltd.

三木聖子さん提供曲のカバー。石川ひとみさんのカバーが有名。(いずれも渡辺プロ)
荒井由実としてライブを行ったことにともないカバー、低価格シングルとしてリリースしました。最高5位、37.2万枚。
オリジナルを知らなかったので何とも言えませんが、これを収録する必要があったのでしょうか?
RV



スタジオアルバムとしては28枚目。
1996年に荒井由実としての活動があったためアルバム発売のサイクルが乱れ、2月の発売となった。
11月、12月以外のスタジオアルバムの発売は14年前の『REINCARNATION』以来のこと。
とはいえ1997年12月には次作『スユアの波 -WAVE OF THE ZUVUYA-』を発表する

オリジナルアルバムとしては最後のチャート1位獲得作で、チャート誌ではミリオンが途切れた。
(訂正)2016年に発表したオリジナルアルバム『宇宙図書館』で、19年ぶりにチャート1位を獲得した!

声の衰えが目立ってきており、バブルから時代にシンクロした女王ユーミンの大きな翳りを感じる一枚であると思う。
本人が登場したジャケット画像が妙に印象に残る。
カウガールは死ぬまで夢を見続けるとでも言うかのよう。

個人的評価:★★★★★★★★☆☆ 8


ユーミンを聴き始めるならこの2枚
ユーミンのベスト『バイブル』です




松任谷由実特集はこちら!