松任谷由実
Yumi Matsutoya
まつとうやゆみ マツトウヤユミ

1954年1月19日生まれ、東京都八王子市出身。

yumi_matsutoya

作曲家として契約していたアルファレコードのファウンダー村井邦彦の勧めもあり、1972年に、かまやつひろしプロデュースでシングルレコード『返事はいらない』デビュー。本名の荒井由実で作品を発表する。
1976年音楽プロデューサー松任谷正隆氏と結婚。
大きく分けて3回ブレイク期を迎えており、日本の女性シンガーソングライターとしては唯一無二の30代以降でのブレイクは人々の記憶にも記録にも残っている。所属事務所は雲母社、原盤制作は雲母音楽出版、ディストリビューションはユニバーサルミュージック。

Yumi Matsutoya Albums

01~04・荒井由実

★荒井由実から松任谷由実へ
05・『紅雀』(1978)

06・『流線形'80』(1978)

07・『OLIVE』(1979)

08・『悲しいほどお天気 -The Gallery in My Heart-』(1979)

09・『時のないホテル』(1980)

10・『SURF & SNOW』(1980)

11・『水の中のASIAへ』(1981)

★『守ってあげたい』大ヒットによる再ブレイク!アルバムセールス50万枚
12・『昨晩お会いしましょう』(1982)

13・『PEARL PIERCE』(1982)

14・『REINCARNATION』(1983)

★ファン層が急拡大!アルバムセールスが60〜70万枚で安定
15・『VOYAGER』(1983)

16・『NO SIDE』(1984)

17・『DA・DI・DA』(1985)

LIVE・『YUMING VISUALIVE DA・DI・DA』(1986)

18・『ALARM a la mode』(1986)

19・『ダイアモンドダストが消えぬまに』(1987)

★30代、再度の本格ブレイク!〜ミリオンセールス時代へ
20・『Delight Slight Light KISS』(1988)

21・『LOVE WARS』(1989)

22・『天国のドア』(1990)

23・『DAWN PURPLE』(1991)

24・『TEARS AND REASONS』(1992)

25・『U-miz』(1993)

26・『THE DANCING SUN』(1994)×2

27・『KATHMANDU』(1995)

LIVE・『Yumi Arai The Concert with old Friends』(1996)

28・『Cowgirl Dreamin'』(1997)

★セールス急降下!1998年にベスト盤大ヒット=ひとつの時代に区切り
29・『スユアの波(WAVE OF THE ZUVUYA)』(1997)

BEST・『Neue Musik:Yumi Matsutoya Complete Best Vol.1』(1998)×3

30・『FROZEN ROSES』(1999)

31・『acacia[アケイシャ]』(2001)

BEST『sweet, bitter sweet YUMING BALLAD BEST』(2001年)

★セールスにとらわれないアーティスト活動へ
32・『WINGS OF WINTER,SHADES OF SUMMER』(2002)

Cover・Yuming Compositions : FACES (2003年)

33・『VIVA 6×7』(2004)

34・『A GIRL IN SUMMER』(2006)

35・『そしてもう一度夢見るだろう』(2009)

36・『Road Show』(2011)

記念盤1・『日本の恋と、ユーミンと。松任谷由実40周年記念ベストアルバム』(2012)

37・『POP CLASSICO』(2013)

★19年ぶり!オリジナルアルバムでチャート1位を獲得!
38・『宇宙図書館』(2016)

記念盤2・『ユーミンからの、恋のうた。 松任谷由実デビュー45周年記念ベストアルバム』(2018)

39・『深海の街』(2020)

×35thアルバムは感想を割愛しています。
…ミリオンセラー
…60万〜99万枚

45周年記念ベスト、2018年4月発売!
ユーミンの自身が選曲した名曲集

初回特典映像あり 左;Blu-ray、右;DVD