松任谷由実 13th Studio Album
PEARL PIERCE(パール・ピアス)
EXPRESS / 東芝EMI
1982年6月21日発売(LP : ETP-90175 / CT : ZH28-1200)

▼カタログ
・CD化:1985年6月1日発売(CD : CA32-1139)
・リマスター:1999年2月24日発売(CD:TOCT-10646)
・品番違い:2013年10月2日発売(CD:TYCT-69043)

pp

Produced by Masataka Matsutoya
最高1位・約48.8万枚

TL

1. ようこそ輝く時間へ
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

訪れた遊園地で終わっていく夏の寂しさ、過ぎていく時間の寂しさを大人の宿題と歌う。
エンディングのコーラスが素敵。
2013年に今井美樹がアルバム『Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics-』でカバー。


2. 真珠のピアス
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

パーカッション、ホーンセクションが心地よい。
ファンの経験談をヒントに作られたという二股かけられ女の別れの歌。
ここでは彼のベッドの下に『真珠のピアス』を片方捨て、(間もなく結婚して)引っ越しする時に気付くでしょうという一見怖い女が垣間見れるのだけど、これはこの女の最大限の嫉妬なんでしょうね。

どこかで半分失くしたら 役には立たないものがある


これは彼女が捨てて行った『真珠のピアス』であり離れて行った彼の心でもあるのでしょうか。


3. ランチタイムが終わる頃
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

ひとりぼっちの女性のランチタイムを切り取った曲。
演奏がにぎやかになる後半が好き。


4. フォーカス
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

人との出会いは人を変える。

憶病な部屋から私を
はじめてよ つれ出してくれたの
世界中がぼやけても 心のフォーカスは
あなたに合ってるから


5. 夕涼み
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

このイントロを聴くと蒸し暑い夏の風景が見えてくる。
由実さんの夏の歌ってどこか寂しさとリンクしているような気がする。


6. 私のロンサム・タウン
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

これはライトを浴びて、バンドという歌詞からも由実さん自身のことなんだと思う。
クールダウンしたドラムとゆったりしたエレピ、いつまでも聴いていたくなる。


7. DANG DANG
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

ビデオ作品『コンパーメント TRAIN OF THOUGHT』でミュージックビデオが撮られている。
歌詞のこの部分がやっぱりせつないな。
せまいこの街で顔を合わせ
交す微笑みに胸を痛め
ああ少しずつ ああ少しずつ
何にも感じなくなってゆくのね

1983年、金子マリさんがカバーアルバム『MARI FIRST』でカバー。
day after tomorrowというユニットの『CURRENT』のサビがこれに似てる気がする。
フジビデオカセット『SUPER HG』CMソング。


8. 昔の彼に会うのなら
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1976 FUJI PACIFIC MUSIC,INC.

昔の彼に会うのを想像する曲。
現実的な女性らしくしめくくる。
時の女神の気紛れで
二人はきっと変わったわ
夢はさわらぬ方がいい
いたずらに いたずらに

荒井由実として1976年にPONY TAILに提供した『二人は片想い』の歌詞違いだそうです。
曲自体は別モノとして登録されている。


9. 消息
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

駅のホームでの一コマ。
間奏の泣きのギターがなんともいえない。


10. 忘れないでね
(作詞:作曲:松任谷由実・編曲:松任谷正隆)
(C) 1982 KIRARA MUSIC PUBLISHER

相手に別の人がいても、彼の事を好きになってしまった女性。
可愛らしい曲だけど、ちょっとストーカーチック(笑)



RV



1978年から年に2枚のスタジオアルバムを発表していた由実さん。
1982年でそれは途切れ、今作のみの発表となる。
全ての曲の歌詞に『夏』を表しているわけではないけど、AORサウンドがもたらす空気感のようなものが全体を貫いている感じがして夏に聴きたくなるのです。

この8か月後には次作の『REINCARNATION』、その更に9か月後に『VOYAGER』というように、1983年は再びスタジオアルバムを2枚発表。
この時期は出せば売れる状態になっていたようですが、この時の助走(品質保証)が、のちのユーミンブームの原動力となっていったのではないでしょうか。
ドリカムファンならスムーズに受け入れられる作品だと思う。たぶん美和さんも聴いてたと思うのね。

個人的評価:★★★★★★★★★★ 10


ユーミンを聴き始めるならこの2枚
ユーミンのベスト『バイブル』です




次作は『REINCARNATION』です。

松任谷由実特集はこちら!