渡辺美里 6th Studio Album
tokyo
EPIC/SONY RECORDS / CBS/Sony Group Inc.
1990年7月7日発売(CD : ESCB 1070 / CT:ESTB 1070)


mst2

Produced by MISATO WATANABE
最高1位・約77万枚

TL

1. Power -明日の子供-
(作詞:渡辺美里・作曲:編曲:小室哲哉)
(C) 1990 Sony Music Publishing (Japan) Inc.

当時がっちりタイアップを組んでいた本人出演の明治生命『ダイヤモンド保険』のCMソングに起用され注目を集め、1990年9月21日に18thシングルとしてリカットされた。最高7位、8.5万枚。
小室さんらしいインパクトのあるイントロと繰り返しのメロディーが印象的。


2. サマータイム ブルース
(作詞:作曲:渡辺美里・編曲:奈良部匠平)
(C) 1990 Sony Music Publishing (Japan) Inc.

1990年5月12日発売の16thシングルで本人出演の明治生命『ダイヤモンド保険』のCMソング。最高2位、26.3万枚。
1コーラスめのサビをカットしてるためサビまでが長いので、子供ながらにじれっとしたのを憶えてる。


3. 恋するパンクス
(作詞:渡辺美里・作曲:編曲:奈良部匠平)
(C) 1990 NICHION,INC.

1990年7月1日に17thシングルとしてリカットされた。最高6位、9.6万枚。個人的に美里ロックは苦手なのよね。

4. POSITIVE DANCE
(作詞:渡辺美里・作曲:編曲:奈良部匠平)
(C) 1990 Sony Music Publishing (Japan) Inc.

個人的に苦手な部類の曲で、飛ばしてしまいます。

5. 虹をみたかい (tokyo mix)
(作詞:渡辺美里・作曲:編曲:岡村靖幸)
(C) 1989 NICHION,INC.

1989年発売の15thシングル。マクセルCMソング。
美里さんが歌っているのだけど、歌唱に小比類巻かほるさんぽさが見えたり詰め込みの歌詞に川本真琴さんがよぎったり・・・(笑)とっても不思議な感性の曲。
意外な部分にサックスを入れるという風変わりで奇怪な鬼才のアレンジは大好き。


6. バースデイ
(作詞:渡辺美里・作曲:伊秩弘将・編曲:清水信之)
(C) 1990 Sony Music Publishing (Japan) Inc.

SPEEDの黄金期に全ての楽曲を作詞、作曲した伊秩弘将氏が作曲提供。
個人的には特に好きな曲で、恋愛の歌ではあるんだけど東京という祭りのような空虚な街で、それでも誰かとの繋がりを求めている群衆の孤独のようなものをふと感じる。
2008年頃の野外ライブのとき、これを演ってほしいと友人たちに言っていて、周りから『あんな地味な曲演らないよ』と笑われてしまったのですが・・・
なんと演ってくれました!心地よい風の中で聴けた時は、涙ぐみそうになった。
少年の頃の余りに複雑な境遇と心模様が拭われた気がする。


7. Boys kiss Girls
(作詞:渡辺美里・作曲:伊秩弘将・編曲:清水信之)
(C) 1990 Sony Music Artists Inc.

大江千里氏の曲っぽいイントロだなあと思ったら編曲は清水さんでした。そりゃ当然ですね。
遊びゴコロあふれるアレンジ(効果音)がニヤリとさせてくれます。
『サマータイム ブルース』のカップリング曲。


8. 遅れてきた夏休み
(作詞:作曲:渡辺美里・編曲:清水信之)
(C) 1990 Sony Music Publishing (Japan) Inc.

美里さんの曲を聴くきっかけになった曲。
当時、bayFMで放送されていた(なんと今もやってるみたい!!!)『パワーカウントダウン』という番組のアルバムチャートで流れて、とても気に入ったんです。
この番組のアルバムチャートでは、ランクインした作品のアルバム曲が流れることがあってそれを入口に大江千里さん(『竹林をぬけて』)や浜田麻里さん(『Empty Room』)も知りました。
小学6年生でしたから、簡単にアルバムを買うことができませんでしたからね。
アルバム曲というものにこだわりがあるのも、このような音楽のめざめが影響してるのかも。


9. ナイフとフォーク
(作詞:作曲:渡辺美里・編曲:奈良部匠平)
(C) 1990 NICHION, INC.

個人的に苦手な部類の曲で、飛ばしてしまいます。

10. Tokyo
(作詞:渡辺美里・作曲:編曲:小室哲哉)
(C) 1990 Sony Music Publishing (Japan) Inc.

タイトル曲です。
宇都宮さんがコーラスを入れているせいなのか、TM NETWORKの曲に聴こえる。
後半には小室さんらしい転調がある。アレンジは当時の最先端なもでは?


11. Oh! ダーリン
(作詞:作曲:渡辺美里・編曲:奈良部匠平)
(C) 1990 NICHION, INC.

個人的に苦手な部類の曲で、飛ばしてしまいます。

12. 元気だしなよ
(作詞:渡辺美里・作曲:渡辺美里 & 佐橋佳幸・編曲:佐橋佳幸)
(C) 1990 NICHION, INC.

個人的に苦手な部類の曲で、飛ばしてしまいます。
松たか子さんの旦那様との共作。


RV



渡辺美里さんの絶頂期の作品で1990年ながら、77万売った超大ヒット作です。
当時がっちりタイアップを組んでいた美里さん出演の明治生命『ダイヤモンド保険』のCMを動画サイトで観ると、あの当時の若者の人生に寄り添っていたアーティストだったことがわかります。
20年以上経た今、あの当時の若者も人生の折り返し。
明治安田生命さん、勝負かけるなら改めて美里さんを起用してあの当時の若者に訴えかけてみたら?
世間的に『My Revolution』歌手と思われがちですが、そんなことありませんよね。

1990年の自分は小学生で渡辺美里さん、大江千里さん、TM NETWORKとEPICレーベルのアーティストがお気に入りでした。
音楽の目覚めという意味では、EPICレーベルのアーティスト他だと今井美樹さん、解散前のベストアルバムで知ったレベッカあたりでしょうか。

レーベルは、ただあるわけではないと思うんですね。
音楽性だったりクオリティーの保証という側面も持ち合わせていて、当時のEPICレーベルはその役割を果たしていたのではないかと思います。
CBS/SONYの中でもEPICはレーベルとして充実していましたし、ファミリー的な交流や結束力の高さがあったのではないでしょうか。
美里の夏、東京の夏、30年目の来年!オリンピックがやってくる。

個人的評価:★★★★★★★★☆☆ 8